離婚活動(離活 リカツ)をはじめよう!

法的に認められた離婚原因とは

 離婚するにはなにかしら原因があるからで、思いつきで離婚する人はいないでしょう。結婚する理由は十人十色であるように、離婚する原因もその夫婦間でいろいろな原因があると考えられます。民法では、離婚の原因について770条で認められている項目があります。

 

 まず、配偶者に不貞行為があった事。ようは夫婦どちらかその双方が浮気をしたら離婚する理由として適当と認められるという事です。浮気もほどほどにしておかないと、法律上では、立派な離婚する理由として認められます。浮気というと男性のもののようなイメージですが、最近は女性の浮気も増えているようです。

 

 配偶者に悪意で遺棄された時。配偶者がいるのにほったらかしにして逃げる状態ですね。ようするに家出する状態でしょうか。これも結婚生活が維持されているとは考えにくい状態です。

 

 配偶者の生死が3年以上明らかじゃない時。なにかの事故に巻き込まれる。もしくはどこかに行ってしまって生きてるのか死んでるのかわからない状態が3年以上続いたら立派な離婚する原因になります。
 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない時。これはちょっと病気になった人がかわいそうではありますが、通常の夫婦生活が営めないという点では妥当なのでしょう。

 

 その他結婚を継続しがたい重大な事由があるとき。その他ですね。ドメスティックバイオレンスや性格の不一致など。さまざまな理由が考えられます。

 

 いずれにしても、婚姻に権利が認められている以上、離婚にも離婚する権利があります。離婚したければできると思っていいのです。

 

看護師の給料が高い勤務先ランキングなら、看護師さんの給料を上げる転職先がきっとみつかります。

結婚を維持できない理由を探す

 日本では婚姻関係を維持できない場合は離婚が民法上で認められています。認められているということは、私たちは離婚をすることが出来る、離婚をする自由があるという事を意味します。  しかし、単に相手が生理的に嫌になったから、というような単純な理由では離婚を成立させることができません。当然離婚をするにいたった原因を提示することが必要となるわけです。  浮気をされた、ほったらかしにされた、生死不明の状態、などの項目以外にもその他の事由として離婚を認める項目があります。婚姻を継続しがたい重大な事由という項目に定められている部分がそうです。大半の人はこのその他の事由で離婚を求めるのではないでしょうか。その内容を見ていきましょう。  配偶者からの暴力、虐待。いわゆるドメスティックバイオレンスですね。モラルハラスメント重大な屈辱配偶者に与えた場合も離婚成立の事由になります。浪費行為も行きすぎると離婚の原因となります。犯罪行為があった場合も当然です。配偶者が病気になったり体に障害を持った場合も離婚可能です。過度に配偶者が宗教にのめりこんでも離婚理由となります。双方が離婚したいと申し出た場合。これも当然離婚となるでしょう。  このように民法で定められた離婚の事由を見てみて思うのが、相手を思いやる気持ちがなくなった段階で離婚は成立するのだなということです。相手を思いやれなくなったり憎しみだけが残るような関係になってしまった場合、離婚という制度は救済措置なのかもしれません。